イラスト 仕事

イラストを描くことを仕事にできる職業の一つがイラストレーターです。イラストレーターになる人の多くは、もともとイラストを描くことが好きであったり何らかのきっかけでイラストを職業にすることになった人々でしょう。イラストの評価というのは正誤があるわけではなく感覚的な要素が多分に含まれていることがわかります。そのため、実際にイラストを作成してみて初めてその人の実力がわかるようになっているのです。

イラストレーターの場合は、そのイラストの実力を認められることで初めて顧客に対する信用を得ることができます。もちろんイラストが上手であることに越したことは有りませんが、それが本人の趣味に傾倒したものにならないようにすることもプロのイラスト 仕事なのです。イラストを欲している人の細かい部分を押さえた上でどのようにして求めに応じたイラストを作成するのかはその人の技術頼りということです。

しかしながら、イラストを仕事にする場合は確かにイラストレータ-を名乗るのですが、ライトノベルの表紙や情報誌の表紙にイラストを描く仕事に漫画家やアニメーターが兼業している場合があります。これはイラストを描くことと職業柄かなり近い位置にあるということが可能にしている理由だと言えるでしょう。

AJAX 求人

インターネットテクノロジーは日を追うごとに進化していますがそれは検索エンジンという独特の形態を持つ産業でも同じことが言えます。AJAX 求人が台頭してきたのもこのようなシステムの向上の実こそが使いやすさを向上させる場があるからといえます。検索エンジンというのは、何かワードを入れて検索するためのもので、WEBブラウザとしてもそれぞれ発展を遂げてきた経緯があります。その中でも世界有数の検索エンジンとして認知されていて、いち早くAJAXの機能をとりいれたのがグーグルなのです。

AJAX 求人はそのように開発されたシステムの運用を行ったり今後拡大していくシステム利用の拡大に向けた仕事がその業務範囲として成立しています。AJAX 求人では実際にAJAXを使った経験があるかどうかがかなり重要となってきて、これはスキルと経験を両方兼ね備えた人材でなければ実践で使えないということも意味しています。

ではAJAXはそもそも何かといえば、WEBブラウザを読み込み直さなくても検索結果や動的なページの読み込みを可能としたものです。グーグルでいえば、検索結果に対し、自動的に検索っさきの情報を検索結果の中に組み込んで表示させたりすることができる今までには無かったシステム技術です。

【関連サイト】
AJAX 求人

WEBディレクター 求人

ひとつのホームページをつくりあげるのに、どれくらいの人が関わっていると思いますか。実は、意外とこまかく担当が分かれていて、顧客とやりとりをする営業、ホームページのデザインを考えるWEBデザイナー、実際にホームページをカタチにするためにプログラムを打ち込んでいくコーダー、全体の進捗状況などを見ながら取り仕切るWEBディレクターなど…さまざまな分野に分かれて構成されているのです。
最終的にできあがったホームページを掲載するためにOKを出すのが、WEBディレクターですが、興味がわいた方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

【人をまとめることが得意な方には】

WEBディレクターは、人をまとめて仕切るのが得意な人が向いています。求人を探すときにもそういった能力を求められているのではないだろうかということを考えながら探すといいでしょう。全体像をある程度イメージできて実際にそのホームページを運営するとなったときに、いかにたくさんの人の目に触れることができるのかを考える必要があります。それなりの能力は期待されますが、やりがいはとてもあるお仕事です。興味がある方は是非求人情報を探してみてはいかがでしょうか。

Flashは危機か!?

Flasherにとって気になる話題といえば?Android4.1以降はFlash Playerの動作は保証されないこと、とか、Google Playから削除済みとか、とくにスマホで使えなくなること、という方、多いです。たとえばYouTubeはWebM形式で再生ができるらしいのですが、概ね動画サイトも使用できなくなります。この事実はスマホユーザにとっても衝撃なのかもしれません。

また今後のadobeの方針としては、モバイル向けAIR開発によって「アプリ開発を中心に展開していく」、またバグ修正のときだけアップデートされるそうです。
iPhone登場以来の話としてスティーブジョブズさんはFlashが嫌い、とか、Adobeと争いは絶えなかったこともあります。

Flashを使ったサイトってGoogleエンジンにヒットされにくい、というSEO的問題があって、HTML5を使用すれば解消されていく、ということは、パソコン板のFlashにも危険があるかもしれません。

このような状況、出来なくなる、ということがクローズアップされてますが、それもこれもFlashが偉大だから起こっているような気がします、、。

たくさんの有名企業の案件が!必見ですよ!

フリーランスのコツ

フリーランスって健康保険、どうなるの?気になる方はおおいはず、でもフリーランスもしっかり保険に加入することは可能です。基本は役所にいって切替えをすること、自治体の健康保険に加入することになりますが、国保といえばわかりやすいですね。

また、前年度の所得に応じて保険料が上がり、サラリーマンより高くない?と感じてしまうでしょう、つまり会社が負担してくれる分が無くなるわけです。それにしたって大きな病気をしたら?民間の保険という方法もありますが、基本はやはり負担の割合です。

ここでちょっと耳寄りなのが、デザイナーのケースですが、文芸美術国民健康保険組合、というのがあるんですね。分美国保とも呼ばれますが、所得が増えても保険料が一定、文芸、美術、著作活動に従事していること、組合加盟の各団体の会員であること、と条件がありますので、フリーランスとして職業団体に加盟することも必要です。面倒かもしれませんが、実は(協)日本イラストレーション協会のJILLAと、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)があります。前者は年会費が24千円、後者は36千円です。

JILLA所属プラスで文美国保に加入すれば、年間で20万円程度、国保単独で、というより、かなり減る、わけです。

フリー案件探しにはお勧め!